2009年09月04日

肺がん 病態の濃い情報

肺がん 病態をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

<googleニュース>
前立腺癌
昨日がんだといわれました。これから、骨と肺の転移がないか調べます。不安でたまりません。PSAの値は、5だったのですが、がんでした。やはり転移している可能性はあるでしょうか??触診でガンがあります。

Q&A 肺がんとコブ - 喜楽堂問わず語り
クッシング症候群は副腎皮質ホルモン、とくにコルチゾールの慢性的分泌過剰による病態の総称で、その原因の一つに異所性ACTH症候群があります。ACTHは副腎皮質刺激ホルモンです。 肺癌や甲状腺癌などの異所性ACTH産生腫瘍からACTHが過剰 ...

末期肺がん患者にも分子標的治療薬イレッサが有効
東北大の発表によると、25日、同大大学院 医学系研究科 呼吸器病態学分野の貫和敏博教授を中心とした研究グループは、日本人や東洋人に多く肺がん全体の約20%と想定される、EGFR遺伝子変異という特徴を有した非小細胞肺がん患者に対して、分子標的薬 ...

080706林宥嘉台中中友重返迷宮簽唱-病態(依然很嗨)

肺がん治療症例集
価格: 2,415 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
分子標的治療薬ゲフィチニブ 著者:田村友秀出版社:医薬ジャーナル社サイズ:単行本ページ数:135p発行年月:2004年07月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 ゲフィチニブによる奏効(CR+PR)例および病勢コントロール(CR+PR+SD)例(ゲフィチニブ投与により完全寛解が得られた1例/ゲフィチニブが奏効した前治療無効非小細胞肺がんの1例 ほか)/2 ゲフィチニブによる自覚症状改善例(がん性リンパ管症、脳転移、胸水の著名な改善を得、自覚症状も改善した肺腺がん症例/長期病勢安定(long SD)で自覚症状の改善を維持した症例 ほか)/3 組織別型のゲフィチ



デミオ(マツダ)
エスプリライン
クラミジア

posted by ハトにんじゃ20 at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。